トップページへ
会社情報ページへ
会社概要ページへ
創業後の沿革ページへ
作業風景ページへ
生産設備機械ページへ

なぜISMS…?ページへ
サービス案内ページへ
事業所案内ページへ
お問い合せページへ
トップページ会社情報 > ISMS基本方針@ 会社情報
会社概要創業後の沿革作業風景生産設備・ISMS基本方針・なぜISMS…?
 ●ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)基本方針

 株式会社金聖堂情報システム(以下、「当社」とします)では、お客様が保有する
 情報資産を、媒体変換を行うことで、情報の消失や欠損を低減し、よりよく活用して
 いただくことを目的としたサービスを提供しております。

 当社では、作業で取り扱うお客様の情報資産を漏洩、改ざん、破壊、盗難などの
 脅威から保護し、リスクを最小限に抑えることが重要な責務であると認識しております。

 社員のセキュリティに対する意識を高め、お客様の信頼に答えるために、
 「情報セキュリティ基本方針」を定めてこれを実施することを宣言いたします。

  (1)体制
    当社で扱う情報資産に対して、機密性・完全性・可用性を保護するために
   リスクアセスメントを行い、体制と評価の基準を確立いたします。

  (2)管理
    当社で扱う情報資産を脅威(漏洩、不正アクセス、改ざん、紛失、破損)から
   保護するために、人的・物理的な対策を講じて管理を徹底いたします。

  (3)教育
    当社は、作業に従事するすべての従業員に対して、情報セキュリティの役割
   と責任が周知されるように、教育・訓練を実施いたします。

  (4)法令等の遵守
    当社は、情報セキュリティに関系する法令や規則を遵守いたします。

  (5)予防措置
    当社は、重大な障害又は災害などに対して、迅速な原因究明を行い、被害を
   最小限にとどめるように予防及び改善に努めます。

  (6)継続的な改善
    当社は、(1)〜(5)について、法制度、社会情勢の変化、監査の結果などから、
   継続的に見直し、環境にあったシステムとなるよう改善に努めます。




                                平成29年4月3日
                                株式会社金聖堂情報システム
                                代表取締役 金子 忠弘